1足|父親

\こどもたちが安心して生きていける社会/必要な3つの視点

こんにちは。10足のわらじ挑戦中の39歳。くますけです。

 

ぐうたらカフェ&トーク~子どもたちが安心して生きてゆける社会を望んでいる人、集まれ~

に行ってきました。
テーマの通り

こどもたちが安心して生きていける社会

IMG_7034

くますけが考える3つの視点をまとめました。

 

まずはじめに、ボクの基本的な考えをお伝えしておきますね。

やはり自然ガイドですから

自然界が完璧

って考えています。

花が咲く

鳥がさえずる

季節が変わる

はい、完璧。

でも、人間は不完全

です。

人間にだけ与えられた
特別な力があるのに

ちっとも活かしきれていない

不完全ないきものです

文字を使うことができて

道具が使えて

加熱して食事をつくることができて

なのに
いきものを傷つけ
お互い傷つけ
地球をも傷つけてますね

まったく不完全ないきものです

そんな考えが根底にあります。

では、

こどもたちが安心して生きていける社会を考えていきましょう

①みんなちがっていい(多様性)

自然界は多様です

一人勝ちはありえません
いろんな植物が
競い合って
支え合って

タネを残し

タネを食べられ

遺伝子を引き継いでいく

26NJ_sinnmeniha_TP_V

多様であるから強いんです

多様であるから美しいんです

人間もそう

いろんな人種がいて

いろんな考えがあって

それでいいんです

 

② ゆるやか(寛容性)
例えば、水耕栽培。

水、光、温度、すべてを管理下において
菌の侵入をも完全にコントロールする農業です

そこに寛容さはありません
2238c030726c7ccdd553b92c1b362c8f_s

自然界はどうでしょうか

そこらじゅうに菌がはびこり
水が流れてきたり、止まったり、不安定で
天気もきまぐれ
不安定であり

ゆるやかです

すべての存在が肯定されています

今のこどもたちをとりまく環境に
そんな、ゆるやかさは残っているでしょうか

③役に立ってる感じ(貢献感)
ハチやアリといった社会性昆虫の生き様を想像した時

彼らはいったいなにを目標に生きているのだろう

と疑問に思いました

例えばハチの世界。
116Yamashaya17103_TP_V

いわゆる働きバチたちは全員メス
働きバチとして生まれたら
産卵といった
子孫を残す行為なしに
ただひたすら働きます

子孫が残せるのは、女王バチだけです。

では、働きバチは
何を目標に生きているのでしょうか

女王の役に立ってるぞ! って感じ。

だけで働きバチは働いている

と、ボクは考えます

おなじく、社会性を営む人間も同じです

あの人の役に立ってるな

って気持ちで人生をまっとうできる

地球上で数少ない、いきもの

あなたは

役立ってるなって感じ

最近ありますか?

\絶賛更新中 フォローしてくれると腹の底から喜びます!/

facebook  ワークショップやイベント情報はここが早いですよ

twitter  FBでは吐けない毒を、マイルドにツイート中

instagram  insta向けにオリジナル作品を投稿。自然写真が中心。

minne  ハンモックの販売はこちらです

 

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。