インタープリターになるには

広大な自然が仕事場!インタープリター として働ける5業種

山や海を眺めて働きたい
季節の移ろいを感じて暮らしたい
そう考えたことありませんか?

今から10年以上も前東京でコンサルタントとして働いていたくますけは

空調の効いた室内で夏でも汗をかくことがなく
陽の光に当たることもなく
パソコン上に映し出されている数字とにらめっこの日々
ふと顔を上げて同僚や先輩の姿を見た時に
定年までこれを続けるのかなあと疑問に感じていました

ボクの場合は、ホールアース自然学校という偶然良い求人に巡りあえて
コンクリートジャングルから大自然に転職
インタープリターの道に進むことができましたが、

いざ自然の中で働きたいと思っても、どういった仕事があるか分かりませんよね?

自然の中で働くと検索した場合真っ先に出てくるのは
リゾート地のホテル勤務や、農家(農業生産法人)など

くますけは、大学時代にホテルでアルバイトしたときに
あまりの人間関係ギスギスだったのがトラウマでホテル業は選択肢から除外。

農家は、今でこそクリエイティブで楽しい仕事に思えるけれど
当時の僕には辛い仕事の代名詞のように見え選択肢に入ってきませんでした

といった具合に当時の僕と同じように自然の中で働きたいけれども

①リゾート地でない普通の田舎で暮らすことを希望していて
②たくさんの人と触れ合いながら交流しながら仕事をしたいと考えてる人には

インタープリターという仕事は適職ですよ!

インタープリターは通訳という意味

インタープリターは、自然界で起きていることを人間の言葉に通訳します。

人には見えないモノを、見える形(言葉や体験にして伝えるのが仕事です。

例えば、自然にはものすごい価値があるわけですが、
見ることができないので、あまり実感できません。

「見えないけど、ある」といったものを、
実際に目に見える草花や、動物など通じて伝えるのが仕事です。

自然と人とのつなぎ役とも言われています。

さて、さっそくインタープリターが活動する業界を紹介していきます。
まずは大きく3つにわけてみました。
これをまた細分化して、合計5つにして紹介していきます。

 

アカデミック系① 国立公園、博物館、自然の家の職員

インタープリターの仕事のど真ん中といえば、国立公園のレンジャーです。

もともとインタープリターはアメリカの国立公園のレンジャーが
始まりだと言われていますので、インタープリターらしい活動ができます。

所轄の環境省に求人も出ていますね。

また、博物館の学芸員もアカデミック系です。

公共性が高いという点で、少年自然の家の職員もこの枠に入れています。

どの現場も、調査、研究や管理がメインで、
来訪者に案内するインタープリターとしての業務は
それほど多くない印象です。

気になるお給料ですが、公務員の給与水準に合わせられていることがほとんど。
非常勤扱いになることもあるので、公務員と同等かそれより少ないでしょう。

アカデミック系② 環境保護、保全のNPO/財団法人

環境保護や保全を行う団体の職員としてインタープリターをする人も多いです。
団体の多くはNPOや財団法人で、そこに就職するのが近道です。

日本自然保護協会
自然観察指導員の育成を行う団体。職員としてお客様の前に立つ意外にも、ボランティアのコーディネートや、調査研究、企業との連携など、幅広く活動できる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

この土日で自然観察指導員の講習会に参加してきました! 全てが自分の財産になりました!! 本当に参加して良かった❤️ 子供達を2日間お泊まりでみてくれていた母と父に大感謝です。感謝しかないです😭 母達が「いいよ~、行っておいで」と快く言って頂いてなかったらこれには参加できてなかったので本当に有難いです😭 この腕章に負けないようにもう少し話を上手くできるようになりたいです。 もっともっと自然のことを知りたい・勉強したいなとも強く思いました。 学ぶというのはまさにこのことかなと思います。 学びたいなと思い、自ら学んでいくのが勉強。 小中高学校の勉強もそうなって欲しいなぁと心の片隅で願う母でした。 子供と一緒に沢山勉強していきたいな(o^-^o) 一生勉強~💕 今回の講習会は、半分以上は外での実習でした。 勉強と言っても五感で感じる勉強が多かったです。 とっても楽しかったです❤️ ただ、ハードスケジュール過ぎて外の写真は撮れずに終わりました😅 非日常は楽しかった~(о´∀`о) #自然観察指導員 #自然大好き #自然観察 #静岡県自然観察指導員会

佐野藍子(和泉)(@aikooko6)がシェアした投稿 –

日本野鳥の会
先ほど紹介したレンジャーは、実際の所属は日本野鳥の会だったりします。環境省から委託を受けた日本野鳥の会の職員が、国立公園などでレンジャーとして活躍しています。

WWF
インタープリターとして人前に立つ機会は少なそうですが、こういった環境保護を行う団体もこの枠ですね。

これらの団体は有名ですし、安定しているので、給与も安定していますね。
ただ、実際のところ小さなNPOがほとんどですので。
みなさん、本当に苦労しています…笑

レジャー系① アウトドア業者

例えば世界遺産の土地でトレッキングツアーをしたり

川でカヌー体験をしたり、大自然を肌で感じるツアーを提供してくれる人たちもインタープリターです。

アカデミック系よりも実際にお客様の前に立つ機会が多いです。

運営しているのは株式会社だったり、観光協会だったりさまざまです。

人気のある観光地の会社であれば、景気が良さそうな印象です。

実際のところ、天気に左右されますし、体が資本の仕事になるので
ガイドとして長く続ける人は少ないです。

レジャー系② ツアーを企画する旅行代理店

自然体験ツアーを企画する旅行代理店です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

× 🌸mariko( •ॢ◡-ॢ)-♡(@marimari8208) <寒いから楽しい、冬にしか味わえないキャンプ> 冬は空気が澄んで、富士山が最も美しく見える季節! あったかい飲み物を片手に仲間と語らう。冬にしか楽しめないキャンプもいいですよ♪ . #アソビュー で想い出を共有しよう! 素敵な投稿はストーリーズやウォールでご紹介します✨✨ . #キャンプ #冬キャンプ #アウトドア女子 #キャンプ女子 #キャンプ飯 #女子キャンプ #女子キャン #富士山 #日本の風景 #日本の景色 #マイトリ #キャンプ好きな人と繋がりたい #ふもとっぱらキャンプ場 #キャンプしたい #キャンプ行きたい #ソトアソビ #休日の過ごし方 #大人の休日 #自然が好き #i癒し時間 #キャンプのある暮らし #趣味探し #キャンジョ #キャンプ初心者 #アウトドア好きな人と繋がりたい

アソビュー!(@asoview)がシェアした投稿 –

インタープリターとは程遠そうですが、ツアーに同行する添乗員も立派なインタープリターです。

バスガイドさんも、見えないものを見える形で伝えてくれていますよね。

旅行代理店の社員なので、自然の中にいる機会は少ないですが、
おそらくこれらの中で一番稼げてると思います。

ソーシャル系 地域活性/復興ツーリズム

大きな災害にあった土地で、その事実を風化させないために
語り部の方たちが活動していますが、それもまさしくインタープリターです。

また地域おこし協力隊も、地域に起きていることを
何かしらの事業を通じて伝えているインタープリターといえます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あけましておめでとうございます。 ・ 1月8日(水)、2020年初、福智町に行って参りましたよー。 ・ これは現在福智町でリノベーションされている古民家です。 ・ 「yori toko」という名の、このお家は、完成すると地域の方の「よりどころ」となり、私たち学生の「よりどころ」、つまり拠点になるというワクワクが詰まりまくった建物なのです。 ・ 1月19日(日)に、FIWC九州の学生が、この「Yoro toko」に漆喰を塗るお手伝いをするのですが、その打ち合わせを行いました。 ・ 協力してくださるのは、福智町の隣町、香春町にて「地域おこし協力隊」として活動されたのち、不動産屋を営んでいらっしゃる @dc.junya さんです。 ・ Yoro tokoの詳細について、手島さんが書かれた記事を、 @fukuchi_camp のプロフィール欄に掲載しているので読んでみてください。 ・ ・ ・ #福岡県 #田川郡 #福智町 #fiwc #fiwc九州 #まちづくり #地方創生 #古民家リノベーション #ボランティア #地域おこし協力隊

福智町キャンプ from FIWCkyushu(@fukuchi_camp)がシェアした投稿 –

地域おこし協力隊の給与は決まってるので、どの地域でもだいたい一緒です。

インタープリターの活動の幅は広い

このように紹介してきた通り

レンジャーや、自然ガイドのような日々森の中にいて
体験ツアーを提供するインタープリターもいれば、
調査研究をメインにしたり、ツアーの企画を練ったりと、
自然の中にいないインタープリターももちろん存在します。

あなたのこれまでのキャリアや、これから生かしたい能力に合った
インタープリターの道を選んでくださいね。

工夫次第でいろんな伝え方ができるクリエイティブな仕事ですよ!

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。