1足|父親

\子どもと英語/自分の留学経験から得た3つの視点

こんにちは。10足のわらじ挑戦中の39歳。くますけです。

ボクは、以前カナダへの留学経験があって、

その後、翻訳家としても仕事をしていた時期があったのですが

今、気になっているのが

子どもの英語教育です
IMG_7053

いつから始めるのがいいのだろう?
どんな教育がいいんだろう?

いろいろ調べていたり、すでに通わせている方も多いと思います

今日は、子どもの英語教育について、ボクなりの考えをまとめました

1)翻訳家は目指すな、いずれAIに負けるぞ

ボクが通った翻訳学校で口酸っぱく教わったのは

原文に忠実であること

でした

ところが、英語独特の言いまわしも忠実に訳せ
という教えだったので
翻訳文は、日本語の読み物としては非常に読みにくいものでした

けど、それがプロの世界

読みにくい文章でも
言語として正しいのでプロの仕事になるというのが
その学校の方針でした

一方で、webの翻訳サービスを使ったことある人も多いと思います
英文を翻訳してみると
大筋の内容はわかるけど
文章としては崩壊していることが多いですね
ransomwareIMGL1944_TP_V

結局、読みにくさで言えば
両者の違いはありません

今後、AI技術が進展してくれば

機械翻訳の精度はますます高まることでしょう

単純に

英語を日本語に訳せる
日本語を英語に訳せる

なんて能力は、大した強みにならないでしょう

ボクはいずれAIにその座を奪われると思っています

 

2)英語が喋れる人なんてウヨウヨいる

子どもを英会話学校に通わせる人も多いと思います

ところで、英語が喋れることが何の役に立つのでしょうか

そもそも

この世に英語を話す人は何人いると思ってんの~?
00_PP28_PP_TP_V

5億!

非ネイティブだけど使える人も入れれば17億。

ただの英会話力だけを武器にこれらの人と戦う気ですか?

それより日本人は、大きな武器を持っているんですよ!

それは

日本語ができること

です

人数で言えば1億ちょっとです

世界70億人中1億人しか
自由に日本語を操れる人がいないんですよ
強みでしょ

それに低成長中とはいえ
日本は世界のトップクラスの国です
日本人が持っている技術やノウハウを
是非とも知りたい!という外国人はいっぱいいます

なので

日本語が喋れて、英語もできることが

世界で通用する武器です(↑ここ大事)

英検もTOEFLも良いスコアを持っていることに
越したことはないですが

それだけを目的にしてはいけません

必要なのは、英語と日本語を駆使して何をするかです

3)大切なのは英語力ではなく、国際感覚

ネットやテレビでも、特定の国の人を否定してる人がいます

そんな人は、どんなに英語がペラペラでも

国際社会でのビジネスは上手くいきません

国際社会では、人種、宗教、家族構成、考え方が本当に多様です

そういった中でも、上手くやっていくしかないのです
PASONA_10_TP_V

こんな場面で

文法が正しいか
発音がネイティブに近いか

なんて二の次になります

相手を理解し、尊重し、自らの意見を正確に届ける能力

こそ、育んでおきたい国際感覚です

中国人のマナーはなってない!

みたいな番組がよくありますね

以前、そんな番組を見るはめになったとき

ボクは、ムスメにこう言いました

パパは、中国人のお友達がいるんだ
とても賢くて、ジョークも面白い人で大好きなんだ
マナーの悪い日本人もいっぱいいるのに
国が違うだけでブーブー言うのって、みっともないね

当の娘は、あまり理解できていない様子でしたが

それでいいんです

偏った意見があれば、違う側面を見せていく

子どもの国際感覚を育てるためには

こういったことを繰り返し伝えていくことが大切です

英検取得を悪いこととは言いませんが

ボクの経験上、大して役に立ちません

多額の費用を投じるなら

役に立つことに回していきたいですね

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。