10足|複業な暮らし

facebookはニュースサイトから履歴書へ

今後、facebookは履歴書になるはず

特にボクのようにフリーランスで仕事をしている人にとっては

facebookは便利な履歴書になる

ボクがfacebookをはじめたのは2007年ごろ

カナダ留学直後だったので、カナダの友達と情報交換するためのツールだった

まさしくSNSらしい使い方をしていた

その後、積極的に使ったり使わなかったりの日々があり

専門家から「facebookはニュースサイトである」と教えてもらって

どんどん自分用にカスタマイズをしていった

いいね!と思う記事や広告には積極的に意思表示するし

興味のない広告もどんどん非表示にしていった

すると、おもしろいくらい自分にあった情報が入ってくるようになってきた

同時に自分の考えや、仕事のこともできる範囲で投稿していった

家族や友人に関する投稿は控え、なるべく「自分」に関することを挙げていった

いつのまにかタイムラインが履歴書のようになっていた

ボクのような、一体何が本業で、何ができる人なのか、つかみどころのない人にとって

facebookは神のようなツールである

写真や動画、文字で伝えることができ

自分が投稿を忘れても、他の人が代わりに投稿してタグづけしてくれたりもする

今年は、個人の事業をどんどん広めていこうと考えているのだけど

その際の強い味方になってくれそうなのがfacebookだ

「ボクは履歴書とか書かないので、facebook見てください」で済ませられる

ありがとうfacebook。そして地道によくやった!過去の自分!

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。