10足|複業な暮らし

10足わらじのススメ

先日のキャリアクライミングで

10足わらじって、みんな履いたほうがいいんじゃないかな?

と、思ったので、その利点をまとめてみました。

10足わらじのススメ!

未来に向けた種まきになるよ

人生100年時代
加えて年金はもらえたとしても微々たるもの

65歳で定年しても(たとえ70歳であっても)
長すぎる老後の生活費を、全て貯蓄でカバーするのは無理です

だったら働かないといけない

ボクは10足のわらじを、未来の仕事の種まきのつもりでやっています
例えば足つぼマッサージは
白髪の、白衣きた、おじいちゃん足つぼ師にやってもらったほうが
なんか効く気しません?笑
それに自宅でできるし、午前中だけ開業とか、高齢になったらその体力に合わせて仕事ができそうです

おまけに今から経験を積んでおけば、60歳で開業しても
足つぼ歴20年!ベテランと言える箔がつきます

だから、足つぼはボクの20年後に実ればいいな〜というタネまきなんです

といった具合に、まいたタネが必ず芽を出すとも限らないので
いくつかタネはまいといたほうが良いと思うんですね
だからボクは、せっせと10個もタネをまいて発芽するかどうか試してるのです

わらじの数だけ人脈が広がる!

ボクの場合、環境教育業界だけにいると
ただえさえ狭い業界なので、出会える人の数は限定的です
その世界でどんなに頑張っていても世界は広がって行きません

そこで、ちょっと関係してるけど、別業界である観光協会の仕事が加わったことで
出会える人が大きく増えました
足つぼマッサージでも出会える人はまた違った層で、出会える人が増えました

このように、わらじの業種が違えば違うほど多種多様の人と出会えるようになります
そして、これがきっかけで新たな仕事につながっていきます

日本は成熟期に入っているので
基本的には、どんな業界も飽和状態です
飽和した世界にどっぷり居るのが好きな人もいますけど
ボクは、新しい刺激が欲しい人間なので、
そんな飽和と飽和をかけあわせて、新たな化学反応を起こす方にわくわくします

ひとつの会社に依存しないでいられる

ひとつの会社に仕える人生は
会社の繁栄が、自身の繁栄ですが
会社の破綻が、自身の破綻とも言えます

安定していると言われていた会社が
ボコンボコン倒れていっているのを目の当たりにしてますよね
今、元気のあるあの会社も、今、ひーひー言ってるあの会社も
10年後どうなってるのかなんて、誰にもわかりません

もし、あなたが10足のわらじを履いていれば
たとえひとつの仕事がポシャっても
バックアップがいくらでもあるので安定しています

以上のことから、ボクはわらじをどんどん増やしていったのです
なにも、さすがに10足も要らないとは思いますけど(笑)

「1足しかないよ」

って人は、わらじを増やすことをオススメします

それは安定のためというよりも、人生楽しくなるからです
いろんな人と出会え、あなたのスキルを必要とされ、喜ばれるのは嬉しいものですよ

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。