自然ガイドのネタ帳

カラスとスズメの間の草

植物の名前が分からなくても別にいいじゃん

自然遊びの際に
何から何まで名前を知ってる必要はなく
植物の名前を知らなくてもいいし
見分けられなくて全然問題ないと
ボクは思ってるのですが

その名前がネタになるので
気になったものから
覚えていくといいのかな?と思います

カラスとスズメ

カラスノエンドウは名前の通り
サヤエンドウみたいなマメがつくから覚えやすいです

どうやら食べられるみたいですし。

同じような姿で葉っぱも花も実も小さいのがあって
それはスズメノエンドウって名前がついてます
サヤの中のマメは2つ

そしてカラスノエンドウとスズメノエンドウの中間くらいの草があります
それはカラスのカと、スズメのスをとってカスマノエンドウ…
かと思いきや、カスマグサ!
エンドウとは名づけてもらえなかった草もあります

なんと雑なネーミング…

見分け方としては
カラスノエンドウは実が大きくて別格
スズメとカスマが見分けにくいけど
スズメノエンドウの実は2つに対して
カスマグサは4つ入ってます

おマメがいくつあるか?
で探すだけでしばらく遊べます

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。