2足|自然あそびプロデューサー

4つのカンケイの何を深める?それは全部じゃ!

前回は自然学校が対象とする4つの関わりを紹介しました。
加えて、4つの肩書きも紹介しました。

さて、今日は、ちょっとワークをしてみたいと思います。

<ワーク>インプリ、コーデ、ファシ、カウンの4つに関係しそうな今の業務を挙げてみよう!

4つの肩書き
・インタープリター
・コーディネーター
・ファシリテーター
・カウンセラー
を挙げましたが、このままでは「そんなにたくさん資格取るの大変〜」と思われてしまいそうなので書き換えます。

・インタープリター的な業務
・コーディネーター的な業務
・ファシリテーター的な業務
・カウンセラー的な業務

と、します。

今、あなたが抱えている業務や、経験したことのある業務で、この4つに分類してみましょう。

※3年目のボクの場合
<インタープリター的な業務>
・散策ツアー
・ネイチャートーク
・里山クラフト教室
・展示物作成

<コーディネーター的な業務>
・動植物検討会(市民活動サポート)
・自然農と暮らしの講座(講師のアテンド)
・キャンプ(海、川、施設各種管理者との調整)

<ファシリテーター的な業務>
・自然農と暮らしの講座(ふりかえり)
・キャンプ(子ども同士のもめ事の時)

<カウンセラー的な業務>
・ゆめの森のようちえん(ふりかえり)
・キャンプ(ふりかえり)
・親との連絡調整

と、ザックリとでいいので書き出してみましょう。
同じ事業でも、この辺はコーディネーターだな。この辺はファシリテーターだな。と。概念が正しいかとか気にしなくていいです。ザックリといきましょう。雰囲気でOK。

では、どこを深めていきたい?はワナだ。気をつけろ。

この一覧を眺めてみて、これからの自分のキャリアを想定して
どの分野を深めていきたい?
どの分野が楽しい?
どの分野で専門性磨きたい?
なーんて、言うと思いました?

あまいな。

実はここが要注意!専門性磨かないといけないなんて考えちゃいけません!
自然学校スタッフは全部やる!これが正解です。

理由をご説明しましょう。

①田舎では専門性を発揮できる場面がない

例えば「ファシリテーターが楽しい!深めていく!」とあなたが思ったとしましょう。見渡してみてください。あなたの活躍の場面、こんな田舎にありますか?

そう言った専門職が活躍できるのは都市だけです。地方都市でもダメ。東京だけでしか生きていけません。

東京は人口がいっぱいいます。ひしめき合って仕事しているので、分業化が進んでいます。だから専門性の高い職業の人がたくさんいるのです。
一方、田舎は百姓文化です。1人でなんでもやるのが基本になります。

こんな田舎で一生懸命、専門性深めても、超特定分野でしか活躍できないので、田舎では単なる使えない人になってしまいます。これは田舎暮らしでは致命的です。

②資格ビジネスの沼にハマるリスクをはじめから避けておこう

資格ビジネスというビジネスがあります。
初級なんちゃら、中級なんちゃらと、ステップアップする階段を見せて
「あなたには明るい未来が待っている」と思わせてきます。
実際のところ、初級も中級も大きな差はなく、明るい未来も待っておらず、
ただただ年会費を取られるだけで、内容の薄い会報誌が積まれていくだけのビジネスです。

なんでも資格がダメだと言っているのではありません。運転免許は、ないと運転はできません。
でも、ここに挙げたようなスキルは、資格なくてもできます。そりゃあ資格取得に向けて勉強した方が精度は良くなるかもしれないけど、前述の通り、どんなに磨きをかけたとしても、そこまで洗練された資格を必要としている現場は田舎には、ありません!

あなたが洗練されていけばいくほど、使えない人になっていくのでオススメしません。

③「私なんてまだまだ地獄」が待っている

「上には上がいる。私なんてまだまだ」

って思ってしまったことありませんか?
初級、中級などという階級を見せつけられてしまうと
「あ〜私まだへたっぴだから」と萎縮してしまうはずです。

こんな心理も、資格ビジネスにとっては好都合。

あなたは、へたっぴ(初級)という証明を金をかけてもらうんです。
講師側は「頑張れば明るい未来があるよ」を見せて、年会費を払わせて、ガッポリ。えへへ。美味いカモだぜ。って思ってるんですよ。

こういった階層分けの世界に入っていくのはオススメできません。

とにかく全部網羅して、広く浅くが吉!

と言うわけで、自然学校スタッフには
とにかく広く浅い「なんでもできる」が吉です。

先ほどのリストで「この辺少ないなあ」があれば
あえてその仕事を増やしてみるなど努力してみるといいですよ。

とくにカウンセリング系は少ないと思いますが、
傾聴セミナーなどはよく開催されているので参加してみるといいと思います。

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。