10足|複業な暮らし

不安だからと実らない仕事でスケジュールを埋めてはいけません

フリーランスになると、基本仕事は自分で取ってくることになります。
仕事を振ってくれる先輩もいなければ、管理してくれる上司もいません。
なんだか、そんな響きがかっこよく聞こえるかもしれませんが、

実際はしんどい!

何がしんどいって、お金のこと。さきざきのこと。
不安材料なんて、集めようとしなくても湧くように出てきます。

だから、ついついスケジュール帳を眺めては、ささいな仕事でも入れてしまいます。
すっぽり空いて「何もお金が発生しない日」を作るくらいなら、
バイトでもしよう!と予定を入れてしまう。

ちょっとまってー!入れるなその予定!

ところが、それが命取りだったりするんです。
その予定を入れてしまったがために、
せっかく舞い込んできた「いいお仕事」を泣く泣く断ることになってしまう。

フリーランスはとにかくフットワークです。

舞い込んできた仕事は、降って湧いて出てきたわけではなく、
あなたが今まで築いてきた人脈やスキルが実って、めぐってきた仕事なんです。

発注する側としたら「これにピッタリな人材がいる!」と、
あなたを選んで連絡してくれたというのに

「すみません、バイトがあって」

と断ってしまったら、次のその仕事はめぐってこないでしょう。

それは実る仕事?実らない仕事?

スケジュール枠に入れる仕事は、実りそうか?実らなそうか?
その見極めが重要です。

見極めるためには、知りましょう。

何を知るか?それは

①自分の強み
②自分の伸ばしていきたい領域
③相手が望んでいることと①②がマッチするか

を、よーく把握しましょう。

特に③を満たす案件なんて、なかなかないので
そんな高望みしてたら、いつまでたっても仕事こないよ〜。
って思ってしまいますよね。

でも③のミスマッチをしたまま、プロジェクト進めても
自分も相手も実らないという、不幸になるだけです。

③のミスマッチが発生するのは、①②が不明瞭なのです。
①②が際立っていて、わかりやすければ③の適合はおこりやすくなる。

ハッピーな案件を得るには、やはり!

自分を知ることが大切ですね〜。

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。