インタープリターになるには

<講座資料を無料公開中>身になる体験をデザインする

使い捨てになる体験と、身になる体験

モノの消費から、コトの消費と言われ
「コト」への注目が高まっています

しかし、その実態は

・写真スポットを作って、実際に現地を訪れてもらう体験
・パンケーキを綿あめで包んで、シロップをかける体験を楽しんでもらう

と言った体験…。

本来のコト消費で提供したいはずの

「身になる体験」

とは程遠く、それは「使い捨ての体験」と呼んでいます。

最たるものは「お化け屋敷」です。
屋敷の中に入って「わー!」と驚かされ、「きゃー」と驚き、
その繰り返し。
出てきた直後は「怖かったね」「おもしろかったね」で沸き立つものの

10年後に振り返って「あれは良い体験だったな〜」と思い返すことはありません。
「あのお化け屋敷体験で、自分の新たな側面を見つけました!」って人もいません。

それは、体験の使い捨てだからです。

ジオガイド養成講座のご依頼をいただきました

那須烏山市ジオパーク推進協議会のガイドのみなさん向けに

身になる体験をデザインするコツとして

・伝える技術
・プログラムデザイン9つの型

をお伝えしました。


2020年2月9日 @南那須公民館 第1会議室

参加された皆さんの感想

内容が充実していて、考えつかなかった事項が含まれていたので良かった
ガイドについての見方が変わった。新しい視点ができた!
ききやすく、わかりやすかったので、じっくり学べました
みんなの一体感が増したように思う。方向性、目的の共有化ができた
すぐさま活用できます
なんとなくやってきたことを具現化でき、共有できた
新しい発見があった

 

これから「体験のニーズ」は、ますます高まります。

那須烏山市ジオパークのガイドのみなさんにとって
このタイミングで見直せたのは、良い収穫にだったのではないでしょうか。

資料はこちら

当日使用した資料はこちらで公開しています

ご自由にダウンロードしてください


体験プログラムに効く9つの型 (57 ダウンロード)

講座開催承ります!

体験プログラムを提供しているみなさま
こんな悩みありませんか?

・相手に伝わっているかわからない
・対象にあった体験が提供できているかわからない
・大人向けは得意だけど、子どもは飽きさせてしまう
・ガイド個人の力量に委ねてしまっていて世代交代が不安

楽しく、わかりやすく伝えるために必要な「9つの型」を学んで
より良い体験プログラムを提供しませんか?

■ 講座の概要(モデルケース)
10:00 あいさつ、自己紹介、課題感の共有
10:30 伝える技術
・インタープリテーション
・対象者理解

11:00 プログラムデザイン①
・9つの型を知る

12:00 昼休憩

13:00頃 プログラムデザイン②
・実務にあてはめてプログラムをデザインする

14:00 質疑、ふりかえり、あいさつ

15:00 終了

■ 定員

15名〜30名

■ 参考価格

50,000円〜(テキスト付き) + 交通・宿泊費(結城市からの往復)

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。