ナリワイづくり

kindle書籍の作り方(データ編)

kindle書籍を発行した、くますけです。

ブログやYouTube より楽しく書籍作りができたので、
ボクは電子書籍向きかも。

どんどん描きたい意欲にかられていますが、
なんだかんだ、次の書籍までに時間がかかりそうなので
忘れないように、kindle書籍データの作り方(macです)を書き残しておきます。

とにかく変換、変換、変換

データ形式は、変換に次ぐ変換。

pages→txt→epub→mobi

pagesで執筆

まずpagesで全文執筆する。
構成や校正もここでやってしまうのがよろし。

挿入する写真はjpegで用意する。
800×1280ピクセル推奨。

フォントはなんでもいい。どうせ読む人の好みによって変えられてしまう。

kindle端末(タブレット)かスマホで読むことになるので、長文をだらだら続けるよりも、改行多めに可読性高めた方がよろし。

pagesを、txt保存したら細々とすること

テキストエディットを使って編集作業。細々とがんばろう。

以下の記号を文字の前後に入れる

見出し ##
太字 **

改ページ ====

リンク [ここにリンクしたい文字](http://sample-url.com)

写真 ![](sample.jpg)

ページ [%1]

でんでんコンバーターのページを参照)

txtをepubに変換

でんでんコンバーターにtxtファイルと、挿入する写真データをアップロードする。

(↑見出し設定ができてれば、目次が自動で作られる)

表示に問題があれば、問題の箇所を直す。

問題なければ、ダウンロードされたファイルをmobi化する。

epubをmobi化

kindle previewerでepubファイルを読み込んで

再度、表示に問題ないかをチェック。

問題なければmobi保存して、kdpサイトにアップロードする。

(epubも対応しているから、epubのままでもOKなのかも?)

ちなみに

このやり方は、横書きの場合。

縦書きや、写真集、漫画などではやり方が違う。

次は、写真集に挑戦だ!
と頑張ってみたものの、センスなさ過ぎて断念。

誌面デザインはボクにはできない(←断言)

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。