自然ガイドのネタ帳

虫にも頭脳派とそうでもないのがいる

虫の個性

虫にも個性がありまして
頭脳派集団もいれば
そーでもないのもいます

例えばマルハナバチは頭脳派です
チームでねらった花の蜜を
効率よく集めます

おまけにホタルブクロのような
下向きのトリッキーな花でも
器用に蜜までたどり着くスキルも身につけています

一方で、コガネムシやハナムグリは
そもそも飛ぶのが苦手
着地も下手くそで
ひっくりかえってモジモジすることもしばしば
そんなムシだから
着地点が広くしっかりしていて
大きな花を咲かせる
ホオノキがちょうどいいんです

虫と花の共進化

と言うのも、ホオノキがそもそも原始的な花
恐竜の頃からこんな花を咲かせています
当時はハチのような小さな虫は存在しなくて
ハナムグリのような大きな昆虫しかいませんでした
お互い、これで間に合ってたんですね

その後、ハチのような頭脳派集団が生まれてきて
花の形も変化しました
今日紹介したホタルブクロや桜のような
可憐な花が誕生したのは
虫の進化のおかげだったようです

 

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。