★自然ガイドのネタ帳

聖火台は時期的にもきっとハスの花

五輪の聖火台のデザインはきっとハスの花

せっかくだし点火の瞬間を見ようと
眠い目をこすりながら粘りに粘って
じわじわと開いた丸い球を見た時に

「ハスの花だな」と直感しました

公式には具体的な花の名前は明言されてはいませんが
時期的にもちょうどハスの花が咲いている季節です
そして仏様が座っている花でもあるし
どことなくオリエンタルなイメージもある
んでもってハスの茎であるレンコンは美味しい!
レンコンを食べる習慣があるのは日本と中国の限られた地域だから
そんな生活習慣との結びつきもあって
デザインチームはハスの花を多少はイメージしていると思います

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tokyo 2020(@tokyo2020)がシェアした投稿

聖火のトーチは桜の形をしてましたし
聖火を点火する直前にはヒマワリを持った皆さんが出迎えました
そして聖火台はハス

日本人に馴染みのある花を採用していて
自然好きとしては楽しかったです

これね。開催が前回大会と同じ秋だったら
ハスをモチーフにしたかどうかわからないですよ
選手にとってはクソ暑いでしょうけど
真夏に開催したからあんなデザインの聖火台になったのだと思います

 

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。