2足|自然あそびプロデューサー

台風でキャンプはバカ!絶対やめて欲しい3つの理由

台風19号が近づいています。
気象庁も「台風第 19 号に早めの備えを!」と発表しています。

昨今のキャンプブームで、アウトドアを楽しむ人が増えたことは嬉しいことですが、
まさかとは思いますが「台風でもキャンプできてこそ、真のキャンパーだ」とか言い出しそうな雰囲気を感じましたので。

ネイチャーガイド歴11年。くますけが「台風の中でのキャンプなんて絶対やめて欲しい」3つの理由を書きたいと思います。

風を甘く見るな

自然界では人間は本当に無力です。
昨今の数々の自然災害を見ればお分かりいただけると思うのですが、
案外「風」は、甘く見てる人が多いのではないでしょうか?

実は、自然相手の商売をしていて、最も怖い自然現象の一つが「風」です。
僕は強風が理由でイベントを中止したこともあります。
風は怖いんです。

ましてや、先日の台風15号。
現地は、こんなですからね?

根元から折れるんじゃなくて、真ん中でポッキリ。

折れる瞬間、もしあの下に自分がいたら…。

風のパワーは怖いんです。甘く見ないでください。

読めないから対策できない

風が怖いのは、その威力だけではありません。

どこから吹いて、どのくらいの強さで、

何を飛ばすか?

何を折るか?

だれにも予想できないのです。

ただの雨であれば、降水量や降る地域などは
予報精度の向上とともに、ある程度わかるようになってきました。
わかれば、対策も講じられますよね。

だけど、風はわからない。
「最大瞬間風速」はわかっても、雨ほど詳しくわからないですよね?
わからないものに、対策は講じられません。

家でおとなしくするしかないのです。

家にいてもこんなことになるのです。

細いフレームと、薄いシートのテントがどうなるか?
言わなくてもわかりますよね?

そもそも何もできない

たとえキャンプ場に着いても、台風のような風雨の強い中だったら
料理もろくに作れないし
トイレに行き来するだけでも、全身びっしょり。

テント内はびしょびしょ、この時期は朝晩冷えるから、体を冷やして
まあ、ろくな1日にならないでしょう。

こんなこと書くと「じゃあ、あえてテントを張って、実況中継してあげよう」なんてこと考える人いるかもしれないけど、
あー、ごめんなさい。

プロの極地を探検している人たちのドキュメンタリーがいっぱいあるので、
シロウトのそんな茶番。いらないです。

まとめ 家にいよう

台風でキャンプができても、経験値は増さないし、真のキャンパーにもなれません。
むしろ「リスク管理の無さ」を露呈するだけなので、家にいましょう。

経験豊富な人ほど、そのような選択をしています。

にわかサーファーが、台風になると「レジェンドになるんだ」とか言って海に向かうのと同レベルになってはいけませんよ。

おまけ まともな判断ができるキャンプ場はすでにクローズを決定しています

静岡県にある「富士市グリーンキャンプ場」は、すでにこの3連休のクローズを発表しています。
ボクは、人命を守るすばらしい決断だと思います。

キャンプ場としては、秋の3連休でかき入れどき。
何が何でも人を入れたい週末のはず。

そこはやはり、日頃から自然の厳しさを知っている管理者の的確な判断です。
到来するであろう日だけではなく、少なくとも影響を受けると予想できる3日間すべてクローズを決めるのは英断です。

おかげでキャンプをするかどうか迷ってた人たちに「じゃ、やめよっか」と判断してもらえる後押しになったことでしょう。

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。