2足|自然あそびプロデューサー

ウォーリヤーウェイも覚えておこう

自然学校にいると

・自然好き
・平和志向
・ほのぼの、やさしい

なんてイメージで見られることが多いと思う。
まあ、実際、テレビを見るより野鳥を見ているのが好きな人もいるし、
恋愛よりも虫に興味がある人もいる。
とてもピースフルに見えるかもしれない。

しかし!

自然学校は、社会運動体。
NGOです。
(すくなくともボクのいたところは)

社会変えていこうぜー!良くしてこうぜー!

が基本なので、あんがいピースフルでもないのです。

ウォーリヤー(戦士)になる

陰と陽があるように、
表と裏があるように、
夏と冬があるように、
生と死があるように、

平和と戦いは表裏一体。

時にはウォーリヤー(戦士)になることも、身につけておくといいですよ。
ただえさえ、ピースでナチュラルだからって舐められがちなので。

このように書くと、戦争を許容するのか?と言われるのですが、戦争(人の殺しあい)は反対です。

だって、世の中「ピースフル」に解決しないこともある。
そんな時は、戦っていいんですよ。

戦いは選択肢の一つ

困難にぶつかると、声を荒らげたり、威喝して、ねじ伏せようとする人がいます。
あれはみっともないからやめたほうがいい。

ボクの言っている、平和と戦いは使い分けようよ。

ていうことです。
あくまで選択肢の一つとして、戦士になれる自分を持っておこう。

何かを守るため

ボクは基本的に争いごとが嫌いなので、
ケンカもしないし、大声出して相手を屈しようなんてこともしたことない。

戦士にもならないといけないこともあるな〜

と思ったのは、子どもが生まれてから。
とっさのタイミングで、平和な解決が通用しないことってあるでしょ?
やっぱり、力でどうにかしないといけないこともある。

それは何かを守るため。

DOの戦いと、BEの戦い

戦いにはDOとBEがあると思う。

DOは、殴る、蹴る、脅す。
BEは、譲らない姿勢、断固たる信念、拒否。

とかかなあ?

ボクが持って欲しいと思うのはBEのほう。

いいよー。大丈夫だよー。

ってホントはダメなのに、いい顔しようとして譲っていませんか?

ダメなものはダメ。

そう言えるスキルを身につけておこう。

自然学校を出ると戦いの連続です。

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。