★自然ガイドのネタ帳

粉は粉で制す 鱗粉と花粉の戦い

ユリの花粉がベトベトの理由

お花屋さんで売られているユリの花の、おしべ先っぽの部分は取られています。おしべにある花粉がベトベトしていて服につくとなかなか落ちないので、あらかじめ取られています。

ところで、ユリの花粉はどうしてそんなにベトベトする必要があったのでしょうか?それは花粉を運んでくれるアゲハチョウとの関係が強く影響しています。

アゲハチョウの羽には鱗粉と言う粉が付いていて、汚れや水から守ってくれています。羽全体が撥水加工されている感じですね。

ってことは、そんじゃそこらの花粉だとあっさり弾かれてアゲハに運んでもらえない…ってことでユリは鱗粉の撥水加工に負けないような花粉を作り出しました。ベトベト成分増し増しにして、鱗粉にもくっつく花粉にしたのです!

 

ABOUT ME
くますけ
好きを仕事にして10年。自然ガイド、ハンモック作家、写真家など10足のわらじを履いて暮らしています。