自然の中から、動画を発信しよう

メッセージ

自然に寄り添う暮らしをしていると、SNSの薄っぺらさに気づき敬遠してしまいませんか?自然の偉大さを知れば知るほど、映えやバズがチャラく見えないでしょうか。自然(リアル)の対極にあるSNS(バーチャル)だから、理解しがたいのは仕方ないことなのでしょう。
そして同時に、それは自然体験事業者や、農家、地方観光の発信力が弱いと言われる理由の一つです。

ところが最近、状況が変わってきました。

フォロワー数や、いいね数のような「数」よりも、何を発信するのかといった「質」を問うようになってきています。こうなったら田舎は強いです。質の高い自然、質の高い食材、質の高い技術。パソコンの画面とにらめっこが得意な都会人は手にできない「高品質なコンテンツ」が揃っています。

ボクは自然界に起きていること、日本の里山に起きていることを伝える(インタープリテーション)をしてきました。体験教室やワークショップが主でしたが、2020年からはオンラインで動画で伝えることに注力してきました。

ボクが目指している「発信」は、むやみに盛ったりせず、高いテンションでごまかしたりせず、日々起きていることを、着実に発信していく方法です。評価されるまで時間がかかりますが、長期的に見てこれが一番の発信方法です。

発信に必要な道具はボクが揃えました。さあ、一緒にコンテンツ作りしませんか?

自己紹介

くまつ しんすけ

デジタル系ネイチャーガイド、ハンモック作家

   

Zoom配信オペレーター、動画制作、グラフィックなどデジタルコンテンツを制作。
得意テーマは自然、子ども、地方暮らし、複業。
コンサル→自然ガイド→観光協会→フリーランス。環境問題に携わって15年。
自然語を人間語に翻訳するインタープリターの経験を活かし、やわらかく、わかりやすい表現を心がけています。

手作りハンモックに関してはMake My Hammockをご覧ください。

配信・制作実績





ブログ

どろんこ いつもはできないけど きょうはとくべつ どろであそんで ママも、パパも、わたしもどろんこ ...
県内激震!?慌てる近隣市町 情報発信の相手は、メディアに確定しました。 しかし、どのように届けましょうか?あのテレビ局の担当者、あのラジオ局のパーソナリテ...